うつ病と診断されたら|治療方法からセルフチェックまで

ウーマン

最新の治療・検査

ドクター

うつ病の治療法には、抗うつ薬を服用する治療法と精神療法があります。最新の治療法はうつ磁気刺激治療というものがあり、今注目を集めています。この治療法は副作用がほとんどなく、抗うつ薬による副作用に悩まされている方などがよく受けています。専用の機器で脳に磁気で刺激を与え、脳血流を増加させることで治療していきます。安全性が高いところも注目を集めている一つの要因です。この治療法は、脳卒中の患者のリハビリに用いられることもあります。うつ病の場合、脳の血流が低下しているので、うつ磁気刺激治療によってこの血流を促し、機能の回復に繋げます。通常の抗うつ薬による治療は、副作用がみられることがほとんどです。吐き気があったり、けいれんがでることもありますが、うつ磁気刺激治療の場合、治療中に少し痛みを感じる程度で、副作用はほとんどありあません。副作用に悩まされて治療が辛いと感じている人にとっては、とても期待できる治療法といえます。

うつ磁気刺激治療は、日本ではまだ認可されておらず、保険がききません。そのため、ほかの治療法と比べて治療費が高いですが、治療の効果はとても高いです。一度の治療が一時間以内で終わるので、苦痛を感じることも少ないです。定期的に受ける必要があるので、医師によるチェックを受けながら、治療回数などを決めていきます。費用の負担が大きいですが、早めの治療を希望する方はこの治療法も検討してみると良いでしょう。治療だけではなく、うつ病かどうかの診断にも最新の検査方法を取り入れているところがあります。問診だけではなく、光トポグラフィー検査というもので近赤外線で脳内の血流をチェックし、うつ病かどうか判断するという検査方法もあります。最新の検査・治療法をチェックしておいて、診察時に医師と相談すると良いでしょう。

うつ病の原因は、強いストレスを感じることが大きく影響していますが、これにより神経伝達物質に悪影響を及ぼすことが原因と言われています。その乱れを直すためにも、うつ磁気刺激治療は直接脳に働きかけるので、高い治療効果が期待できるのです。今まで抗うつ薬による治療や精神療法等で効果を感じなかった人も、この治療法を試してみると効果が得られるでしょう。うつ病かどうかのセルフチェックをせず、気付いたら症状が悪化し、治療にも時間がかかってしまったという人も少なくありません。そのため、治療法に悩んだり、効果があまり得られないというケースもあります。そのような場合には、最新のうつ病の治療法もあるということを頭に入れておき、医師と相談してみると良いでしょう。セルフチェックを欠かさないことも必要ですが、治療法について知っておくことも大切です。この最新治療法を取り入れる病院も増えていていますので、今後治療を受けやすくなっていくでしょう。治療費は高くなってしまいますが、ほかの治療法だと効果が得られなかった場合などは、諦める前に最新治療法を試してみてはいかがでしょうか。