うつ病と診断されたら|治療方法からセルフチェックまで

ウーマン

薬の種類・副作用

相談

うつ病の治療に使用される抗うつ薬には、いくつか種類があります。どのような症状がみられるか、どれぐらいの度合いなのかということを考慮しながら、医師が処方します。では、抗うつ薬にはどのようなタイプのものがあるかチェックしていきましょう。うつ病と関わってくるのが、セロトニンなどの脳内ホルモンと呼ばれているものです。この脳内ホルモンの量が少なくなることで、強い不安を感じたり、やる気がなくなったりという症状に繋がります。抗うつ薬により、セロトニン等を増やすことで、うつ病の症状を緩和させていきます。セロトニンを増やして不安感を抑える効果がある薬や、やる気をだす薬、強い落ち込みなどのうつ状態を抑える薬など、特性は様々です。患者にはどのような症状が強くみられるか、ということをチェックしながらどの抗うつ薬があっているかということを判断していきます。

抗うつ薬とは別に、抗不安薬というものが処方されることもあります。症状で多くみられる強い恐怖心や不安を抑える効果があり、症状が緩和されます。不安感がひどくなると、うつ病の症状でもある不眠が悪化することにも繋がるので、不安を抑えるというのはとても大事なことです。不眠の症状がでると、睡眠薬もあわせて処方されることもあります。これらは副作用も強くでることが多いので、服用する際には注意が必要です。抗うつ薬は不安や恐怖心を抑える効果もありますが、眠気を引き起こすという副作用もあります。また、吐き気を感じるなど消化器官に副作用がみられることもあります。便秘や下痢を引き起こすこともありますので、ひどく副作用がでる場合は医師に相談しましょう。休養をとって治療にあたる人と、仕事をしながら通院している人、どちらも副作用で生活に支障がでる場合があります。強い眠気があれば、仕事が捗らないということもありますし、吐き気が続くと動くことさえ億劫になってしまうこともあります。同時に胃薬を処方してもらえることもありますが、何か対策できないかということも医師と相談すると良いでしょう。副作用が辛いからといって、自分の判断で服用をやめてしまうことはとても危険です。うつ病の症状がより悪化したり、さらに強い副作用があらわれることもあります。絶対に自分では判断せず、医師によるチェックの元、服用を調整していきましょう。

うつ病の治療に抗うつ薬は欠かせないものです。服用中は、病気に加えて薬の副作用とも闘わなければなりません。副作用が辛く、治療が嫌になってしまわないように、医師と相談しながら服用を続けましょう。自分で判断することはせず、必ず医師のチェックが必要です。そして、治療のためだからと強い副作用を我慢しすぎるのではなく、カウンセリング時に辛いと伝えることも大切です。治療が苦になってしまわないように、できることから工夫していきましょう。休養をとっていても、副作用と闘うことはとても辛いものです。仕事をしながら通院している人は、仕事に影響が出ないようにと必死で我慢しているという人も多いでしょう。抗うつ薬による治療は必要ですが、だからと言って我慢しすぎるのも良くありません。薬による身体への影響や、辛いと感じることをきちんと伝えることが大切なので、一人で我慢せず、家族や周囲の人にも伝えつつ、医師の判断を仰ぎましょう。