うつ病と診断されたら|治療方法からセルフチェックまで

うつ病と診断されたら|治療方法からセルフチェックまで

辛いと感じたら即チェック

最新の治療・検査

ドクター

うつ病の治療は抗うつ薬による治療や精神療法などが主流ですが、最新の治療法にはうつ磁気刺激治療というものがあります。最新の検査方法もありますので、合わせてチェックしておきましょう。

薬の種類・副作用

相談

うつ病には、抗うつ薬による治療が欠かせません。抗うつ薬にはどのような種類・効果があるか、副作用にはどういものがあるかチェックしておくことで、安心して治療に臨むことができます。

治療の種類

悩む女の人

最近では、自分がうつ病なのかどうかというチェックをインターネットでもできるようになりました。セルフチェックシートの項目の中から、自分がいくつ該当するのかということを基準に判断していきます。メンタルヘルスに力を入れている会社は、定期的にセルフチェックを行うよう促すところもあります。自分でどのような項目に該当するかをチェックしていくことで、いち早くうつ病の症状に気付くことができます。また、この症状はうつ病に該当するのかと気になる場合でも、すぐに専門サイト等でセルフチェックをすることができます。もしうつ病の疑いがある場合は、病院での治療が始まります。うつ病の治療とはどういうものなのでしょうか。治療は基本的に抗うつ薬の服用をしつつ、休養をとるというものです。うつ病を発症する人のほとんどは、責任感が強く、一人で抱え込むという傾向が多くみられます。そのため、身体的にはもちろん精神的にも休養が必要なのです。しかし、そういうタイプの人は休職することに了承しないということが多いです。それでは、病気の治療はとても難しいものになります。しっかりと治療していくためにも、家族や会社側が休養の必要性をきちんと伝えていくことが必要です。無理して仕事を続けていくと、症状がもっと悪化する危険性があります。それを避けるためにも、周りのサポートが必要不可欠です。

うつ病の治療では、抗うつ薬を服用していきます。抗うつ薬にもいくつか種類がありますので、症状や度合いを考慮して医師が処方します。休養をとることや抗うつ薬での治療のほかにも、精神療法による治療があります。うつ病は再発する可能性がとても高い病気で、回復期と呼ばれる時期がとても危険な状態になりやすいです。そういう時期を乗り越えるためにも、精神療法を行うことで、自分を否定しないような考えに導くことができます。自分を否定してさらにストレスを感じたり、病気に対して恐怖感を感じることがあるので、精神療法による治療はとても重要なものです。治療後にまた再発しないためにも、ものの見方を広げていくなど、アドバイスが必要なのです。

抗うつ薬を服用することで、脳の中の情報伝達がうまくいくという効果が期待できます。それにより、意欲が湧いてきたり、身体の不調が軽減されるなど、症状が軽くなるのです。抗うつ薬による治療、精神療法を受けながら、身体とこころをゆっくりと休ませる必要があります。頑張りすぎず、こころに余裕をもつことで、再発する可能性を減らすことができます。早く職場に復帰したいと焦ることもありますが、その焦りが逆効果になるときがあります。早く復帰するためにも、しっかりと治療を受けましょう。不安な気持ちを感じたら、一人で抱え込まず、医師と相談しましょう。また、家族や周囲の人に頼るということも大切です。辛いときには力を借りて、病気や治療と向き合っていきましょう。何か治療に関して気になる点があれば、その都度医師に確認しましょう。また、抗うつ薬による副作用がみられた場合も、すぐに報告することが重要です。

セルフチェック

悩む男性

最近では、専用サイト等でも簡単にうつ病のセルフチェックを受けることができます。事前にどういう自覚症状があるか把握しておくことで、診察時のカウンセリングもスムーズに行えます。